がん保険とは

がん保険とは【生命保険をさらっと解説】

ガン保険は少ない掛け金で大きなガン保障

聴診器

掛け捨て型のガン保険は、少ない掛け金で大きなガン保障を受けられることが最大のメリットです。

もし今それほど家計に余裕がないのなら、掛け捨て型のガン保険のほうが向いているかと思います。
掛け捨て型の保険は解約返戻金がないということで敬遠されがちですが、貯蓄性がある積み立て型の保険は、掛け捨て型と比べて掛け金が高くなるのがネックです。

 

家計に余裕がある場合はまた考え方が違ってくると思いますが、少ない掛け金で長く加入できた方がことガン保険に関しては将来的にも安心できるのではないでしょうか。

医者の問診

ガン保険は掛け捨て型の商品が多く、積み立て型の商品が少ないために積み立て型のがん保険をわざわざ探す人も多くいらっしゃるようです。

いずれにせよ現在日本人の死因ナンバー1はガンだと言われていますから、ガンにかかる可能性を見越してガン保険に加入しておくほうがよいでしょう。
特に近親者にガンにかかった人がいる場合は特に加入をおすすめします。
ガンの中には遺伝的要素の高いと考えられているもの、たとえば乳がんなどがありますし、食生活や嗜好、ストレスの受け方などが似てくるために同じ箇所にガンを発症しやすい傾向にもあるからです。

勘違いに注意!がん保険は医療保険ではありません 

母子

がん保険と医療保険の違い、ご存じですか。医療保険に加入しているからといってがん保険に加入しなくても良いという訳ではありません。

全く違うタイプの保険なので、医療保険にすでに加入している人でもがん保険の加入を考える必要があります。
一番の違いは、入院回数や支払についての制限です。
一度がんになると通院回数も入院回数もどんどん増えてきます。そのため医療保険だけでは賄うことが出来なくなってしまうのです。しかしがん保険は入院給付金の支払い限度日数に制限がありません。そのため入院回数の多いがんに最適なのです。がん保険の対象はがんのみです。医療保険は疾病や怪我すべてに該当しています。ここだけ見ると医療保険の方が良くみえますが、医療保険には商品によって支払限度日数に制限がある場合もあるのです。がん保険は、がんのみ適用ですが入院手術はもちろん、診断や通院にも保障が適用されます。先進医療や抗がん剤、放射線治療など、さまざまな治療に関して保険が下りるのです。がん保険に加入制限はありますが、がんに起因する病気でなければ審査は比較的容易です。

がん保険と医療保険に加入したら先進医療特約の重複に注意

がん保険と医療保険はできれば両方に加入した方が良いでしょう。
しかし二つの保険に加入する時に気を付けたいのが、先進医療特約です。

 

先進医療特約とは、先進医療の技術料を実費で負担するものです。先進医療は今とても注目されている技術ですが技術料が全額自己負担になるので医療費が高額になりやすいのです。医療費の負担を減らす為にも、先進医療特約に加入をしておいた方が良いでしょう。
ほとんどの保険会社では、月々100円程の負担で特約への不可が可能です。
しかし、医療保険にもがん保険にも先進医療特約がついている場合があります。
先進医療特約は決して高い金額ではありませんが、出来るだけ保険料を減らす為には先進医療特約の重複は避けた方が良いでしょう。医療保険に先進医療特約が付いている場合は、ガン保険に先進医療特約を付ける必要はありません。
不安な場合は、一度自分の加入している保険について見直してみましょう。
先進医療特約の重複を減らすだけでも年間の出費を抑えることが出来るでしょう。まずは、加入保険について見直してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ