生命保険 選び方 解説

生命保険の選び方!各種生命保険をさらっと解説します!

生命保険は何種類くらい加入すればいいのか

考える

水インフォ大 生命保険は

医療保険だけでは家族の生活費を保障できません
定期保険だけでは医療保障は望めませんし、

生活費の保障が不足することもあります。


では、生命保険は何種類くらい選んでおけばいいのでしょうか。これはライフスタイルや家族構成などによっても違ってくるので一概には言えません。
ですから生命保険について基本的なことを知ることが、どういった生命保険を選ぶべきか、そしてどう組み合わせていくべきか知る近道だと思います。

 

まず生命保険は大きく分けて定期養老終身の3種類です。
生命保険という商品の数はたくさんですが、基本となっているのはこの3つなのです。
まず定期保険とは、一定期間の死亡保障を目的とした掛け捨ての保険です。
そのため解約返戻金はないことが基本的で、あっても少な目となります。その代り一定期間内であれば、いつ亡くなっても生命保険会社から死亡保険金を受け取ることができるという手厚い保障を得ることができるのです。

 

養老保険は一定期間の死亡保障に加え、契約が満期になると保険会社から死亡保障と同じ額の生存保険金という名目のお金が受け取れる保険です。
解約返戻金がありますし、ネックになるのは掛け金が高いことでしょうか。

 

終身保険は一生涯の死亡保障が目的となっており、解約返戻金があるのはもちろん、保険料の払い込みが終わっても解約返戻金が増加していくという特徴をもっています。
契約年数に応じで解約返戻金が増加するのです。契約後ずっといつ亡くなっても生命保険会社から死亡保険金を受け取ることができます。

大人に必要な生命保険の種類

医者の問診

水インフォ大 大人に必要な生命保険の種類は保険会社によって特色が様々のものがたくさん用意されています。

そうなると一体どれを選ぶべきなのか迷ってしまいますよね。
ひとつ言えることは、生命保険を選ぶ時に重視するべきは目的だということです。
たとえば小さいお子さんをお持ちの方であれば、自分に万が一のことがあっても生活や学業に困らない程度のお金を残せるような保険が必要ですよね。
このようなケースであれば、定期型の生命保険(収入保障保険と定期保険)が候補に挙がります。子供のことを第一に考えるので、子供が自立すれば必要なくなるということです。
保障する期間を定めるため、無期限となる終身保険を選ぶよりも保障額は大きくても保険料は安くなります。

 

そしてその後、もし子供が独立したとしたら、自分に万が一のことがあった時に葬式代などの金銭的負担をかけたくないと思うようになるかもしれません。
その場合は収入保障保険と定期保険を止めて終身保険を選ぶと良いのではないでしょうか。
契約後は無期限で保障が受けられるので安心だからです。目的がハッキリしていればどの保険を選ぶべきかが見えてきますし、目的が変われば保険も上手く変えていくべきです。
是非これから先の人生のことをじっくり考えてライフプランを立ててみてください。

子供に選んであげる生命保険とは

父娘

水インフォ大 生命保険というと大人のものというイメージがあるかもしれませんが

子供にも生命保険は必要です。
子供の保険というと学資保険を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、これは基本的に親が契約者になる保険であり、子供が主体となる生命保険ではありません。

 

では子供に必要な生命保険にはどのようなものがあるのでしょうか。
赤ちゃんの頃に加入しておきたいのは医療保険でしょう。
学資保険も加入しておきたいです。

 

学資保険は当たり前すぎると思うので、医療保険の話をすると
0歳児の入院受診率は大人よりも高いことが厚生労働省の調査でも分かっています。
0歳から入れる医療保険で終身タイプを選べば、契約も保険料も一生契約時の金額となります。

 

基本的に保険料は加入時の年齢が若ければ若いほど安くなりますから、1歳前に加入しておくのもアリですよ。
とは言ってもほとんどの自治体で小さい子供は医療費がほとんどかからないような制度となっているので、医療保険に早くから入るメリットはないと思うかもしれません。

 

しかしもし小さな子供が入院したとしたら、毎日お見舞いに行ってできるだけ付き添いたいのが親心ではないでしょうか。
そうなると医療費自体は必要なくても食事が全て外食になったりと地味に金銭的負担はかかってきます。そんな時に保険が下りれば助かりますよね。

新婚夫婦と老年夫婦では選ぶべき生命保険が違う

母子

水インフォ大 若い新婚夫婦老年夫婦では選ぶべき生命保険が違います

生命保険は目的別に選ぶものですから、自分たちの状況が変われば適した生命保険が変わってくるのは当然のことです。

 

特に結婚というのは生命保険を見直す良い機会だと思いますよ。
生命保険のランキングサイトをみると安い保険金の定期保険などが多いように見えるのに、生命保険の営業に何千万円という保障の生命保険を勧められた新婚夫婦も多いようです。
ですが
結婚したばかりの夫婦では、それほど多額の保障は必要ないと思われます。
もし片方に万が一の事態が起こったとしても、お互いまだ若いので結婚前の生活に戻ればよいだけのことです。
ですから葬式費用程度の保障がついた終身保険でも問題はないでしょう。
遺された伴侶が長く働けない状態に陥るであろうことが予想される場合はそれに2〜3千万上乗せする必要があるでしょうが、今の若い世代がその分の保険料を背負うのは結構な負担かと思います。

 

老後

一方で老年夫婦の場合、子供がいても既に独立していて夫婦だけのことを考えれば良い時期であることが多いでしょう。そして歳をとったことにより入院や介護など別の考えるべき事柄が現れたはずです。

そこで終身保険に加えて医療保障の必要性が高いと思われます。

 

介護に備えるためには、生命保険会社の介護保険が適しています。
生命保険会社のランキングサイトなどで、(国の介護保険制度で無く)生命保険会社の商品の介護保険の話がしばしば見られるようになりました。
一度要介護状態になってしまうと介護が不要な状態まで回復することはほぼありませんから、家族に迷惑を掛けないため、できれば終身保障タイプの介護保険に加入したいところです。

では、どのようにして世代ごとの生命保険を選ぶか。

水インフォ中 若い世代はネットを使うことに躊躇が無いですし、自分たちの生命保険について考える要素が少ないので、生命保険のランキングサイトなどを見て選ぶのもいいでしょう。
ランキングサイトを見て、上位に入っている目的の生命保険(生活費の保障が目的なら定期保険、病気保障目的なら医療保険)のランキングを見て、目的の保険について上位五位くらいの保険について資料請求するというのもいいと思います。
念のために、生命保険会社のランキングサイトなどを見て、ちゃんと利益を出している保険会社であるか、とか、保険金の支払い能力が衰えていないかなども確認しておきましょう。
生命保険がよくわからない、または自分に合う保障がわからない場合は、生命保険の専門家に無料相談するのもいいでしょう。

 

水インフォ中 子供がいる家族になると、生命保険保険料の節約が大きな課題になるかもしれません。そんなとき、まずは家族の生活費がしっかり保障できているかどうかが最重要課題になるでしょう。
良くない例えですが、保険料を節約しすぎて保険金が低かった、あるいは無保険状態だったために、長女が中学卒業後、通信制の高校に通いながら生活費を稼ぐために昼間は働き続けるということもあるのです。
大学進学率が上昇している昨今、せめて子供の大学卒業までの生活費は保障したいものです。
そこで重要なのが「必要保障額」という、子供が社会人になるまでの、家族の必要生活費総額などの計算です。
生命保険会社のランキングサイトなどを見るのもいいのですが
一、必要保障額の把握 二、それに見合った保障内容を叶える 三、保険料を節約する
この三項目をご主人一人、あるいはご夫婦二人だけで、生命保険のランキングサイトなどを見ながら実行するのは大変な労力になります。この場合は生命保険のプロに任せるのが無難だと思います。

 

水インフォ中 子供が社会に出て老後を迎えるときは、医療の保障、終身の保障、そして生命保険会社の商品としての介護保障が必要になり、また老後資金確保のために養老保険や年金保険に加入する必要があります。

家庭の複数種類の生命保険の保障の重複に注意

ちょっと余談ですが
複数種類の生命保険に加入することは珍しいことではありません。ですが「保障」の重複には注意しましょう。

 

たとえば私の家系はがん家系なのでがん保険の保障が大事だと思うのですが、医療保険の保障もまた大事だと思います。
ですがだからといって、医療保険とがん保険の両方に加入する、というのはかなり安直です。
よくよく比較してみると保障が重複していることが多いからです。

 

たとえば入院・通院給付金です。両方にこの保障があったとして、万が一の際に両方から給付金を受け取れることは良いことですが、その万が一のために保険料を多く支払うことになりますよね。
人生備えることは大切ですが、過大な備えは考え物です。ですから私のような人間はひとまずがん保険の加入を優先すれば良いと思うのです。
一般的に病気で入院する場合は公的保障が適応されますよね。

 

ですから今まだ現役世代である私は公的保障に頼っても良いと言えます。
高額医療費制度もありますからね。もちろん現在金銭的に余裕があるというならば両方加入しておいて損はないと思いますが、何も全てを保険に頼らなくてもよいのですから保険加入の際には良く考え、また定期的に見直すことが必要でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ